ホーム > 医療法人設立について

医療法人設立について

医療法人とは

一般的に、「医療法人」とは医療法で定められた法人のことです。

例えると、「株式会社」が近いです。
個人で事業から株式会社になって、代表取締役社長に就任。

そこで役員報酬をもらうようになる形に似ています。
個人のクリニック経営者をドクターが作った法人に移して理事長に就任。
さらに、施設管理医師になり、医療法人から役員報酬をもらうものです。

診療報酬は、個人の口座ではなく医療法人の口座に振り込まれます。
患者様負担分の窓口現金や自費診療の診療報酬も医療法人の収入です。

医療法人はさまざまなメリットがあります。
平成19年4月の、改正医療法施行後、持ち分の定めてある法人が作れなくなりました。

要は、解散する際に残余財産がある場合、原則的には国のものになります。
しかし、診療をやめることになった際、残余財産が1円以上で、拠出金以下なら簡単に解散出来ます。

残余財産をうまく残して、最後に高額な退職金をもらい、財産がない状態で医療法人を解散できるように、運営管理の必要があります。